FC2ブログ
プロフィール

ローレライ何某

Author:ローレライ何某
ローレライ何某と申します。
究極のオナニーを求め、日々自慰に耽っています。
オナニーに関して一切妥協はしません。

プレイスタイルは環境利用オナニー法です。
身近にある道具から食物まで全て利用して
快楽(キワミ)へ辿り着くことがモットーです。

ぜひ自分のオナニー方法が世界中の
スタンダードスタイルになればと思っています。
そしていつかは独自のやり方を
「オナニカルメソッド」として発信できればと思っています。

日々のオナニーやエロスに纏わる
日記を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
57754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
7642位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

オナニカルメソッド
スタイリッシュなオナニーの追究
ピアノオナニー≪後篇≫
≪前回までのあらすじ≫
実家でピアノ教室を営む母の下で育った何某青年は、
母の目を避けるために、ピアノの音色が鳴る機会を見計らって
オナニーに耽っていた。
その結果ピアノの音色からオナニーを連想するようになり
ピアノの音色を聴くとムラムラする性癖を身につける。
そんな何某は皮肉にも音大生のピアノ科の恋人と出会う…。


何某は女性を目前にすると、極普通の男子になる。
それは自分の性癖、性欲が一般の女性では満たされないことを知っているのと、
女性を一方的な欲望の捌け口にするのが躊躇われるからだ。

音大生の彼女も例外では無かった。
彼女の奏でる独奏曲は何某の性欲を十分に満たすにこと足りていた。
彼女とピアノの連弾などをすれば何某のテンポもナニも先走るばかりであった。
何某のフラストレーションは日に日に溜まるばかりだったが、
好意を抱いてくれる女性の想いを裏切りたくなく、何某は好青年を演じていた。

-しかしその平穏も長くは続かなかった-

深い関係になるにつれ、
何某は「偽りの自分」ではなく「本当の自分」を
受け容れてもらいたくなった。
「真実の愛とは偽りの関係下には成立しない」
そう悟った何某はある夜、彼女にホテルにて懇願した。

「すまん、おれ今日◯◯ちゃんの前でオナニーするから、
演奏記号で命令してくれへんか?」
彼女は豆鉄砲を喰らった様な顔をしていた。

演奏記号とは、音の強弱を表す用語で
とてもソフトに=ピアニッシモ、ソフトに=ピアノ、フォルテ=強く、フォルテシモ=とても強く
といった類だ。

彼女は戸惑いながらも「ピッ…、ピアニシモ」と呟く。
何某は優しくナニガシに触れる。
彼女が全く状況を理解していないことは火を見るより明らかだ。
「はやくッ!次はッ!?」
何某の鬼気迫る表情に彼女も後には退けないと悟ったのだろう。
「フォルテ!フォルテ!!フォルテシモッッ!!」
命令通り何某は雄々しくナニガシをしごく。
絶頂が近づくにつれ、理性を失った何某は
「こんなもんじゃアカン!次は速度標語と発想標語を組み合わせて!」
彼女は観念したようだった。
「presto agitato!!!(=極めて速く激情的に)、allegro di molto!!!(=速くかつ陽気に)」
何某はこんなにもオナニーにバリエーションがあるのかと目から鱗だった。

音楽用語プレイを一通り満喫した何某は彼女に伝えた。
今まで自分を偽っていたこと、それをもう隠す気はないこと、
そして新たなオナニーの境地に立たせてくれたことへの感謝の言葉を。
そんな何某に彼女は
「本当のことを言ってくれてありがとう、嬉しいよ。最後の感謝の言葉がなければね。」と
脇にあったローションを投げつけ部屋を後にした。

それ以来だろうか、性を閉鎖的自己世界で追究し始めたのは…。
思えばローレライ何某が生まれたのはこの時からかもしれない。
オナニー界のダース・ベイダー誕生の瞬間だった。
スポンサーサイト
[PR]


コメント
小児オナニーに勝る妄想力
私はピアノを女の人の体に例えると(グランドピアノの形もセクシーですね。)女の人のお尻を丸出しにさせて、そのお尻をくすぐられているか、揉まれている様に見え、また女性ピアニストの胸まで見える衣装のセクシーさにムラムラしてオナニーを加速させる要素になったこともあります。
[2014/09/17 21:59] URL | ミキティ #dvMgYB0E [ 編集 ]


いつもコメントありがとうございます。
たしかにピアノの曲線美はどことなくエロスを醸し出しますね。
加えて黒光りするボディに映る自分を見ていると、
どこか狂わされそうになります。
それを感性のままに蹂躙して音色を立てていると考えると、
なかなかエロティックですね。
ミキティさんは繊細な感性をお持ちですね。
[2014/09/17 23:02] URL | ローレライ何某 #- [ 編集 ]

もう一つのオナニー要素
グランドピアノの中身を見てムラムラするのは、ハンマーが弦をはじいている様子です、やはりセクシーに動くピアニストの指先と同じ様に動くからです、またピアニストの指先はたまに屈折した状態で鍵盤から離れていくのでその指先のセクシーな形にも興奮してしまいます。
[2014/09/18 00:44] URL | ミキティ #dvMgYB0E [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する