FC2ブログ
プロフィール

ローレライ何某

Author:ローレライ何某
ローレライ何某と申します。
究極のオナニーを求め、日々自慰に耽っています。
オナニーに関して一切妥協はしません。

プレイスタイルは環境利用オナニー法です。
身近にある道具から食物まで全て利用して
快楽(キワミ)へ辿り着くことがモットーです。

ぜひ自分のオナニー方法が世界中の
スタンダードスタイルになればと思っています。
そしていつかは独自のやり方を
「オナニカルメソッド」として発信できればと思っています。

日々のオナニーやエロスに纏わる
日記を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
114644位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
14558位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

オナニカルメソッド
スタイリッシュなオナニーの追究
ダブルスオナニー【後篇】
〈前回のあらすじ〉
 女子のアンダースコートを見たいがためにテニスを始めた小学生の何某。しかし中学受験の失敗から男子校に入学することになる。腐った何某は日々テニス雑誌の女子ユニフォームのスクラップに勤しむが、そんなある日シャラポワを敬愛する胸ポチフェチの友人と出会う。ここに中学テニス会に旋風を巻き起こす最狂ダブルスペアが誕生したのだった。

 戦友との出会いから早1年。何某と戦友は同じ夢を見ていました。「レギュラーに選抜されれば、他校の試合で女子テニスの試合を拝める」何某たちは日夜特訓に励みました。基礎体力に劣る何某たちは普通のテニスで勝てないと分かっていました。だから性欲を武器に変えたのです。激しい動きから繰り出されるパンチラも見逃さない動体視力、スポーツブラの上からでも勃チクを捉える集中力、これらは何某たちのプレーを好転させました。気づけば部内でも「パンチラの何某」、「勃チクの橋田」は一目置かれる存在となったのです。そんな二人の活躍が監督の目に止まり、何某たちは2年目の夏に団体戦のレギュラーに選抜されました。試合会場は同市内の公立中学校、練習設備も充実したテニスの盛んな学校で、もちろん女子テニス部も活動中。何某たちはハイタッチを交わし固い拳を突き合わせました。そこにはかつての腐った二人はいませんでした

ー試合当日ー
 さすがテニスの強豪校、運動場には8面のコートが用意されていました。その日は男女ともに団体試合が行われて、運動場を縦に割るように4面ずつに分かれていました。小気味良い打球音と威勢の良いかけ声が会場に飛び交っています。
 急に試合の実感が湧いてきました。チームを担う責任、周囲の目、最悪の事態、ネガティブな感情が巻き起こりコートに立つことが急に恐くなりました。そんな何某のコンディションを察したのは、同じ汗を流した戦友でした。「緊張するときはさ、掌にこうやって三回字を書いて飲み込むんだよ」笑顔の戦友に、「こんな時に古臭い文句を垂れるなよ」と思いながら、戦友が掌に書く文字を覗くと「女」でした。戦友を小突きながらも、緊張の解れた何某はいいペアを持ったなと気恥ずかしく思いました。
 しかし当の試合は熾烈を極めました。団体戦の初戦を飾るのは何某ペア。相手は会場でもある強豪校で、焼けた素肌と筋張った前腕は彼らの練習量を物語っていました。そして迎えたファイナルゲーム、残り1ポイントで相手の勝利が決まる窮地に立たされました。周囲の部員からはあのヘタレ部員二人がよくここまで戦ったと諦めムードが漂っています。しかし前衛に立つ戦友の目は死んでいませんでした。「なんでお前はそこまで喰らいつけるんだよ」自分の弱さを恥じる何某は戦友を見つめました。すると目線の先にあったのは相手チームのその先、女子コートのサービスラインでした。女子がサーブを振りかぶる度に顕になるアンダースコート。「ほら、これがお前に見せたかった景色だ」顎をくいっと上げ微笑む戦友、眼前に広がる光景に何某はまだコートを退場できない理由を見つけました。
 結果、何某たちは負けました。しかしあの1ポイントからデュースまで追い上げた試合は会場を大いに沸かせました。帰路につく二人、夕日に伸びた影を引きずり沈黙が流れます。二人に流れる空気が挫折や後悔といった類ではないことは、お互い察していました。それはある種の燃え尽き症候群に近いものでした。生のパンチラとボッチクを拝んだ二人にとって今日が引退試合、目標を失った二人は途方に暮れていたのです。「おれ、テニスは今日でやめるわ」沈黙を破ったのは戦友でした。「お前がやめるなら、止めはしないよ」虚ろな表情で何某は答えました。しかし戦友は「バカ、お前も一緒にやめるんだよ。ちょっとついて来い」と何某の手を引っ張りました。そして向かった先、そこは夕日でオレンジに染まった市民プールでした。「なんだよ、こんな時間に泳げるわけないだろ」呆れ気味の何某でしたが、戦友の微笑む横顔を見てすべてを悟りました。「水泳部に入ったら男女混合で練習できる…」戦友との出会いは運命だったのでしょう。「次は、「食い込みの何某」とでも名乗れよ」「じゃあお前は「シリコンブラの橋田」だな」二人にとってテニスラケットは文字通り無用の長物でした。テニスバッグを捨て、市民プールのフェンスをよじ登る二人の勢いは誰も止められませんでした。
ただし何某たちの学校が中高一貫だった為、結局高校も男子校だったことを思い出すのはまたこの後の話。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[PR]