FC2ブログ
プロフィール

ローレライ何某

Author:ローレライ何某
ローレライ何某と申します。
究極のオナニーを求め、日々自慰に耽っています。
オナニーに関して一切妥協はしません。

プレイスタイルは環境利用オナニー法です。
身近にある道具から食物まで全て利用して
快楽(キワミ)へ辿り着くことがモットーです。

ぜひ自分のオナニー方法が世界中の
スタンダードスタイルになればと思っています。
そしていつかは独自のやり方を
「オナニカルメソッド」として発信できればと思っています。

日々のオナニーやエロスに纏わる
日記を綴っていきます。

2021年よりフランス書院様にて伏見京名義で
官能小説を執筆しております。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
32685位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
4139位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

オナニカルメソッド
スタイリッシュなオナニーの追究
寂聴オナニー
おはようございます。ローレライ何某です。
先日、伏見京名義でフランス書院様より2作目の官能小説を上梓させていただきました。
タイトルは「あなたにぜんぶあげます 義母、兄嫁、友達のママと…」
発売日は奇しくも07月21日(オナニーの日)
よろしければぜひお買い求めください。

何某は官能小説でおっきしてもオナニーはあまりしません。
官能小説でオナニーする人に方法を聞いてみると、片手で本を開きながら扱くのだとか。
クロロ・ルシルフルの能力発動条件を思い出させます。
盗賊の極意(スキルハンター)ですね。

そんな何某ですが、最近ある悩みを抱えています。
それはオナニーだけで一日が潰れるということです。
官能小説を書き出してから、FANZAやpixivを定期的にチェックしてるのですが
気づけば平気で半日とかアダルトサイトを漁っています。

それも乙な時間なのですが、さすがに非生産的だと考えるようになりました。
そこで何故こんなことになるのか突き詰めたところ、
やはりスマホを手に取るからいけないという結論に達しました。
習慣とは恐ろしいもので、スマホを手に取った時点で「アダルトサイト見るか」
って脳の回路が出来上がるんですね。

このサイクルから脱却するためには、元を断たなければ。と考えました。
つまり、スマホを手に取った時点でエロとは正反対のことを考えれば、
アダルトサイトを見たいというモチベーションを相殺できるわけです。
そこで考えついたのは以下の策でした。









image0.png



ホーム画面を瀬戸内寂聴氏に切り替えるという作戦です。
いえ、尊敬しています。小説の花芯も読ませていただきました。
でもやっぱり、アダルトサイト行こうって気持ちは一瞬で霧散するんですよね。
霊験あらたかな人を前にして気が引き締まるんでしょうか。

そんなこんなで最近は一日を有意義に過ごせるようになってきました。
しかし、就寝前にスマホを充電器に挿したとき、何某は背筋が凍るような体験をしました。









image1.png

流血です。画面の中で寂聴氏が額から流血してるのです。
まるで一斗缶で殴打されたかのように。
不敵な笑みも意味深です。
「次はわたしのターンだねぇ〜」
とか言ってきそうです。
これがトラウマになって最近のホーム画面は、
ボディビル全盛期のシュワルツェネッガーに変更しました。
これもなかなか効き目ありです。

人間の習慣とは恐ろしいもの。脳は自分で管理したいものですね。
皆様も気づけばポルノに頭を支配されるポル脳にならないように気をつけましょう。

全然関係ないけど、昨晩のオリンピックの開会式で50種目の競技を青い人が全身で表現されてました。
あれの四十八手版を誰かやってくれないかなぁ。なんて思って観てました。
敢えて顔出しせずにボディライン浮き出るタイツでやったら、けっこう興奮すると思うんですよね。


スポンサーサイト
[PR]

滝行オナニー【後編】
人ひとりしか浴びれない小さな滝ですが、水の勢いはかなりのものでした。
岩肌に飛び散った水滴が凍っているのが痛々しいです。
さらに滝に打たれるには、腰まで池に沈めなければなりません。
すると神主はゆっくりと上着を脱ぎました。
「ここで褌に着替えましょうか」
宿泊者達に衝撃が走ります。寒空の下で生着替え。
褌一丁なのでもちろん下着も脱がねばなりません。
知り合ったばかりの中年たちは頬を赤らめます。

滝をバックに自撮りしていた若い女性二人は、背景で脱ぎだす中年たちを見て明らかに動揺していました。
何某のナニガシもパワースポットと称えられるほど巨木であればいいのですが、
観葉植物くらいのもんです。

そんなこんなで褌一丁になった四人。すると神主は静かに語り始めました。
「今から滝行をする前に魂を浄化させます」
おぉ。なんか滝行っぽくなってきた。何某は姿勢を正しました。
「人間の魂を浄化するには3つのタマが必要です」
……少し不穏な空気を感じました。
しかしみんなが真剣に取り組んでいる行事。一人だけ笑うなんて不謹慎です。
「魂を振って洗うからフリタマです。今から3つの霊魂を呼ぶので復唱してください」
絶対に大丈夫。真面目な修行なんだから。
すると滝の轟音を割くように、神主が大声で叫びました。
「いくぅぅぅぅぅぅぅーーーーーたまぁ」
腹筋がぴくりと震えます。さきほどの女性二人組も、男共から聞こえ絶叫にざわついています。
神主の雄叫びはまだ続きます。
「たるぅぅぅぅぅぅぅーーーーーたまぁ」
せめて漢字の補足説明が欲しかった。音だけに想像の余地が許されてしまう。
「たまぁぁぁーーーーたまるぅぅぅーーーたまぁぁ!」
修行のために一週間オナ禁してきた何某の心を見透かすようでした。
マスクをしていなければ完全にアウトでした。

そして何某が滝に打たれる順番になりました。
水に浸したつま先の感覚がなくなります。
その日の水温は2℃。これを全身に丸かぶりです。
なんなら煩悩が消えて、官能小説も書けなくなるんじゃないかと不安になってきました。
しかし臆してはいけません。大切なのは体当たり取材です。
シャワーオナニーで培った経験はここで活かされるはず。
勇んで水面を進む何某。褌の中でお稲荷さんがフリタマしてます。
何某は気合の掛け声と共に滝へ突入しました。

image1.jpeg
「あっ。ちょ、ちょっと痛い、痛い……」


image2.jpeg
「すんませんっ、もう限界……ッ!」

10秒ともちませんでした。水が骨を抉るのを初めて体感しました。
神主様は毎日朝夕にこれを続けているらしいです。参りました。

と、いうわけで神主様のご協力もあって現地取材を終えることができました。
そんな小説が7月21日にフランス書院様より発売が決定しております。

image0 (1)

京都の夏の宿坊をテーマにしました。
出版社様からは登場人物は3人とも熟女とのお達しでした。アウトレイジ風にいえば「全員熟女」です。
あと全員未亡人で京都弁でとのことでした。全員死別させるのが一番腐心しました。
よろしければお買い求めください。

あとtwitterなるものを始めてみました。
https://twitter.com/fushimi_kyoh
正直、使い方が全然わかりませんが、フォローいただけると励みになります。


滝行オナニー【前編】
こんばんは、ローレライ何某です。

梅雨入り前というのに、暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
何某は雨に濡れるのが嫌いではありません。

中学生の頃、大雨の日に傘を忘れて、びしょ濡れで帰ったことがあります。
そのとき、なぜか異常に勃起していました。
水を吸って重くなった制服がべったり肌に張り付くと、身体の動きを束縛された感じがして妙に興奮するのです。

それが癖になって、服を着たまま風呂場でシャワーを浴びながらオナニーするのが、
しばらくマイブームになっていました。
冷たい水が下着までゆっくり滲み込んで、
ウェットスーツのようにぴたりと張り付いていく過程に、妙な焦燥感を覚えました。
(お気に入りのエロ漫画がふやけないように、ジップロックで密閉していたのが懐かしいものです。
シャワー中はページを捲れないので、ここだッ!という見開きのページをセッティングしておくのがポイントです。
また絶頂に達しても決して排水溝には流しません。
詰まったりしたら掃除をする母上が大変ですからね。親しき仲にも礼儀ありです)
天井を仰ぎながら両手を広げて、シャワーを浴びる様子は、ショーシャンク刑務所を脱獄したアンディのようでした。
この解放感。堪りませんね。右手で包んだものがドクドクと鼓動しています。
これが本当の『ショーシャンクのオナにー』ってね。へへ。

そんな何某の官能小説の次回作が7月に発売されることになりました。ありがたいことです。
舞台は京都の寺の宿坊で、熟女の尼僧があれやこれや、してくれるという話です。
(座禅中に尼僧が誘惑してきて、勃起したら棒でチ○コを百叩きされるのを書きたかったのですが、個人的な趣味が色濃いので止めました)

何某も寺に少々の縁はあるのですが、寺修行や宿坊の経験はありませんでした。
今作では、どうしても滝行のシーンを描きたく、身をもって体験したかったのです。

ということで先日、取材のために某所に宿坊体験へ行ってきました。
時期は2月。真冬に滝行をやってくれるクレイジーな宿坊なんてあるのかと調べていたら、ありました。
季節に関わらず、毎日滝行をされているとのこと。
一泊二日。夕方と早朝の2回の滝行付き。
願ったり叶ったりの修行ができます。
何某の脳内では京都弁の美熟女が、ばっさばっさと警策を素振りしています。
宿坊で出会った、都会暮らしに疲れて自分探しの旅をしているOLが、夜な夜な何某を夜這いに来ます。
邪な妄想が止まりませんでした。
かくして何某は「自分の身を引き締めたいのです」という殊勝な理由を付して
申し込みメールを送ったのでした。

宿坊当日、現地で何某を迎え入れてくれたのは白髪のお爺さんでした。どうやら仏教ではなく神道系の宿坊のようでした。宿坊の外観は瓦屋根で、庭に行衣や褌が干された趣のある雰囲気です。お爺さまもとても柔和な口調です。
でも玄関にはなぜかKISSの指人形が4体並べられていました。
人生色々あって辿り着いたのが今なのでしょう。

コンセプトに戸惑いながらも座敷で待機していると、何某以外の申込者もやってきました。物静かな中年男性二人でした。
(夜這いはなし。滝行でポロリもなしと)
これでいいのです。本懐は小説の取材なのです。
かくして神主を含む四人の益荒男は、滝行に向かうのでした。


to be continued……

催眠オナニー【後編】
〜前回のあらすじ〜

眠れない夜に何某はASMRの催眠オナニー動画を聴いてみた。
すると物の見事に10分で催眠にかかる。
身体の変化に恐怖を感じながらも、何某はさらに深い催眠へとかかっていく。


緊張でうっすら汗をかいていました。全身に薄い膜が張られた感覚で妙に暑いのです。
すると、あのアニメ口調が聞こえてきました。
「もうあなたは私の命令でしか動けません。右腕をあげてみてください」
そんなまさかと右腕に力を込めます。

動かないんです。本当に。右腕を上げる意思はあるのですが、身体が全く反応しないのです。
まるで脳と身体が断絶されたようでした。
こうなっては時既に遅し。動かない指では動画を止められません。音声は続きます。
「動かないでしょ。あなたは私のいいなり。じゃあ女の子がどうやってイクのか知りたい?」
何某は「や、やめろぅ!」
と、ショッカーに改造される仮面ライダーのような気持ちでベッドに張り付いたままです。
すると女性はくすくす笑いながら命令してきました。
肛門と玉袋の裏に力を込めなさいと。
そんな恥ずかしい命令にも、何某の肛門は安々と反応してしまいます。
なぜなら日頃からオナニーライフを楽しむためにPC筋を鍛えることに余念がないからです。
要領良く臀部に力を込めたので、きっと音声の女性も飲み込みの早さに驚いたでしょう。
「だんだん腰の奥の方が熱くなってきます。そのまま気持ちを楽にして〜。吸って〜吐いて〜」

心神耗弱と言うのでしょうか。
頭がぼんやりして命令通りに身体を動かしてしまうのです。
当時の気持ちを思い出せば、この声にすがらなければ助からな気さえしていました。
恐ろしいことに本当に腰の奥が熱くなりました。
そして熱につられて、何某の腰はゆっくりと布団の中で揺れ始めたのです。
このときです。
女性の背後で聞き覚えのあるカチッという音が聞こえました。このとき何某は気づきました。
動画の導入部の無機質な音。あれこそが脳に快感を与えるスイッチだったのだと。

恐怖しかありませんでした。あの音を聞くだけで意志とは無関係に腰はカクカクと動き始めるのです。
「お尻に力を入れ続けて……そのままずっと……ずっと……」
言われたとおりに双つの臀部をピッタリとくっつけます。自分でも信じられないほどの力が込められ、離そうと思っても離れないのです。
すると徐々に腰の動きが速まってきました。
布団の中でいい大人が高速で腰を振っているのです。
このときばかりは実家で試さなくてよかったと安堵しました。
しかしおかしな感覚が止まりません。背中や尻はベッドに付いているのに、どこまでも沈んでいきそうな感覚でした。
(やだ。壊れちゃう)
まるでエロ同人誌の女主人公のようなセリフを口走っていました。
しかしもう腰は止まりません。
何度も熱い波が引いては返して、いよいよ腰をうんと前につんのめらせました。
身体の芯が張り詰めて、糸をピンと張ったような感じでした。
その限界値を越えた途端に、緊張から開放された腰はおぞましいスピードで揺れました。
あぁ。これが女性の絶頂か。と何某は新しい扉を開いた気がしました。
今まで経験したオナニーとは全く異なる快感でした。
ゆっくりと上り詰めていくような絶頂。絶頂の後にふわふわ漂う快感の余韻。
身を持って女性の絶頂の感を知れた何某は音声の女性に感謝したのでした。

しかし悲劇はここからでした。
催眠オナニーの動画には必ず催眠を解除する音声が含まれています。
アニメ声の女性との別れを惜しみながら、私は再びリラックスします。
「今からあなたの催眠が解けます……身体が楽になる……呼吸をゆっくりして。5、4、3……」
0のカウントと同時にパシューン、と心地よい電子音が響きました。
(いい経験をした)
何某は心地よい浮遊感に包まれながら毛布に包まりました。
しかし毛布の中で身体の異変を感じます。

腰が勝手に動き出すのです。
当然イヤホンは外しています。解除音声を聞きました。
それでも腰がひとりでにガクガク揺れるのです。
さらにあろうことかさっきの張り詰めるような緊張と収縮を尻の奥が繰り返し
悍ましい絶頂が繰り返されるのです。

背筋の凍る思いでした。
取り返しのつかないことをした。
何某は泣きそうな顔で解除パートを何度も再生しました。
パシューン、パシューン、パ、パ、パ、パ、パシューン
しかし電子音は虚しくこだまするだけです。何度聴いても絶頂は止みませんでした。

何某は股間を枕で強く押さえながらgoogleで検索します。
すると恐ろしい予測検索が出てきました。
「催眠オナニー 解除できない」「催眠オナニー 日常 戻れない」「催眠オナニー 最悪死ぬ」
何某の指先は冷え切っていました。
催眠オナニーがきっかけで社会復帰できなくなった人の話。
中毒性が高すぎて常に催眠音声を聴かずにいられなくなった人の話。
目を覆いたくなるような実体験がずらりと並んでいました。

何某が差し出した代償はあまりに大き過ぎました。
寝ようとしても腰が勝手に動くので寝付けるはずもありません。
頼みの綱で「一晩寝たら治る」という記事を信じてなんとか眠りにつきました。

翌朝。悪夢が覚めることはありませんでした。
一晩寝たから大丈夫。そう自己暗示をかけてベッドから起き上がりました。
それと同時にあの憎々しい腰の疼きが始まりました。
何某は絶望的な顔を浮かべながらベッドの縁に手をついて絶頂しました。

今日はクリスマスイブ。その晩は女性との逢瀬の約束がありました。
なんとしても夜までには完治させたい。
気分転換にスターバックスへ繰り出しました。しかし行動の全てが裏目に出ます。
席についてコーヒーを飲んでいると、隣の中年男性がパソコンで仕事をしていました。
するとまたもや腰がざわめきます。テーブルに突っ伏して前のめりになります。
そのとき何某は気づきました。キーボードを叩く音だ。
あの忌々しいカチッという無機質な音がいけないんだ。
しかし気づいたところで事態は好転しません。
何某は熱々のコーヒーを溢す恐怖に怯えながら絶頂しました。
こうなっては安らげる場所はありません。
隣で勉学に勤しむ大学生がボールペンの芯を出す音を聞いても絶頂。
泣く泣くタクシーで帰っても、左折するウインカーの音を聞いても絶頂。
企画物のAV女優のような気持ちでした。
『絶対イキたくない何某 vs 絶対イカせたい町民100人』みたいな。

何某は重たい腰を引きずりながら家路につきました。
これからの人生が真っ暗になった気分でした。
何某は泣く泣くスマホを取り出して逢瀬の相手に電話をします。
「ごめん。今日行けなくなった……」
重たい口調で話すと女性はどうしてと尋ねてきました。有り体に話すしかありませんでした。
しかし女性の反応は意外でした。
「それならしょうがないなあ……まぁ、家でまったりすればいいんじゃない?」
 明るい口調で言いながら女性は本当に私の家へ来てくれました。
そしてあろうことか
「手コキで全部出したら治るんちゃう?」
と無茶な提案をしてくれました。
仕事は看護師というのが聞いて呆れます。
その夜は激しいハンドジョブを何度も繰り返され何某は全部出し切るまで果てました。

すると翌朝のことです。
「どう、治った?」
女性は何某の愚息に優しく触れました。何も起きません。何某の腰は平静を保ってベッドに横たわっていました。
何某は目の前のナイチンゲールに心から敬意と愛情を持ってハグしました。
(この女性とならうまくやっていけるかもしれない)
悪夢のような催眠オナニー。
それは素敵な女性と出会わせてくれたサンタからのギフトだったのかもしれません。




あと、先日発売になりました。
伏見京 世話好きはんなり熟女
熟女って何歳からを言うんでしょうかね。
お爺さんになっても、四十路の女性を見て熟女という感覚になるのか。聞いてみたいものです。

世話好きはんなり熟女

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4829644958?pf_rd_r=YMPG2BGRAS02S8S56M0A&pf_rd_p=3d55ec74-6376-483a-a5a7-4e247166f80b



催眠オナニー 【前編】
官能小説デビューが決まってからというもの
「官公庁案件」や「官民合同」というメールが仕事中に届くと過剰に反応します。
こんばんは、ローレライ何某です。

突然ですが皆さんは催眠術を信じているでしょうか。
何某は小さい頃から催眠術に憧れていました。
バラエティ番組で催眠術をかけられた女優(ストリッパーになるという暗示をかけられた)が脱ごうとするシーンに胸を踊らせました。
何某にもこんな力があれば。
本気で願いましたがそんな能力があるはずもなく、次第に催眠術へ懐疑的になりました。

催眠術なんて嘘っぱち。
それが何某の考えでした。
一昨年のクリスマスイブまでは。

それは一昨年の12月23日のことでした。
その夜はどうも寝付けず、スマホでyoutubeの動画を漁っていました。
そんなとき何某の目に飛び込んできたのは「ASMR」の動画でした。

ASMR(英: Autonomous Sensory Meridian Response):人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、脳がゾワゾワするといった反応・感覚。

謂わば、特殊な方法で録音をされた動画で、イヤホンを装着して聴くと耳元で実際に囁かれているような錯覚に陥る動画です。

動画は充実していました。
お米を研いでる音。耳かきをされている音。どれも耳心地の良い動画でした。
世間では色んな娯楽が生まれているのだと感心しました。
しかし愚かな何某は考えたのです。
エッチなお姉さんが囁いてくれる動画はないのか、と。
そんな動画を求めていくうちに辿り着いたのは「催眠オナニー」という動画でした。

正直、鼻で笑いました。
なんと音声を聴くだけで催眠にかかってドライオーガズム(所謂、女性がイクのと似た絶頂)を味わえるというのです。
百戦錬磨のオナニストの何某からすれば
愚息に触れずにイクことなどできるものか。片腹痛いわ。カ〜カカカ。
と、アシュラマンのような笑い声をあげました。

再生ボタンを押しても辟易としました。
いかにもなアニメ声の女性がほわほわした声で囁いてくるのです。
この動画は自動車運転や危険を伴う作業をする前は視聴をお控えください。
この音声データを聴くことにより被ったいかなる不都合に関して製作者は一切責任を持ちません。
などなど優しい口調とは裏腹に、超現実的なことをくどくど説いてきました。

子守唄代わりにはなるだろう。そんな軽い気持ちで小馬鹿にしながら聴いていました。
しかし再生すること10分ほど。
何某は見事なまでに催眠にかかりました。それはもう綺麗なガン決まりでした。
身体が思うように動かず全身から汗がどっと吹き出るのです。正直、快感を感じる余裕なんてありません。自分の身体はどうなってしまったんだという恐怖の一点のみが全身を支配しました。

最初は可愛いものでした。
アニメ声の女性が「息を吸って〜、吐いて〜」と一生懸命指示してくれるので
何某も「しょ〜がないな〜」と思いながら、馬鹿正直に胸を上下させました。
女性は尚も優しい口調で囁いてきます。
「小さい積み木を想像してください。それを積み上げます。たか〜く。たか〜く」
何某は「もう〜、世話が焼けるな〜」なんて考えながら、イメージを膨らませます。
すると女性は心細そうな声で語りかけます。
「あっ。グラグラ揺れてきた……落とさないように気をつけて……」
何某は「大丈夫、大丈夫。こう見えておれけっこう器用なんだよ」としっかり女性のペースに乗せられていました。
今思えば、これが催眠に入るための導入だったのでしょう。
リラックスした状態で音声の命令通りに脳を動かすことを反復させる。
その積み重ねによって脳ひいては身体が反応するサイクルを作っていたと考えられます。
やはり女性はゆっくりと囁きます。
「高く積んだ積み木が大きく左右に揺れます。左に大きく揺れて……右に大きく揺れて……一緒にあなたの意識も揺れていきます。揺れて……揺れて……」
気づけば女性の声の虜になっていました。
言われるがまま頭の中で高く積まれたブロックを揺らします。
幾分の間を空けて、女性は少し大きな声で語りかけました。
「あっ。落ちちゃった」
そのとき小さなカチッと無機質な音がしました。同時に何某の頭の中で積み木が崩れました。
すると女性はくすっと笑いながら言います。
「これで準備は完了です。あなたは催眠状態に入りました。頭はぼうっとして、わたしの言うとおりに身体は動きません」
するとどうでしょう。本当に頭がぼうっとして、自発的に何かを考える気持ち削がれるようでした。

しばらく無音が続きました。
正確に言えば聴力検査のときにヘッドホンから流れるような信号音が流れていました。
録音環境の雑音か?
と考えたのですが、時折音程が変わるのでなんとも不気味です。
身体に起こりつつある変化に恐怖しながら、
引き返すなら今じゃないか。そんな考えが浮かびました。
しかし何某は続ける選択をしました。
自分の身体がどうなってしまうのか体験したい。
そして官能小説を書こうとする身として、女性が絶頂するような感覚(ドライオーガズムのこと)は経験しておきたい。

何某は絶叫マシンがゆっくりとレールを上がっていくような恐怖を感じながら、布団のなかで女性の声を待ちました。

to be continued……



あとこちらは宣伝です。
2/25に伏見京の名義でデビュー作が発売となります。
作品名は「世話好きはんなり熟女」です。

世話好きはんなり熟女

表紙も執筆中のイメージにぴったりで感動しております。
よろしければお買い求めください。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4829644958?pf_rd_r=YMPG2BGRAS02S8S56M0A&pf_rd_p=3d55ec74-6376-483a-a5a7-4e247166f80b